腕時計には機械式のものとクォーツ式のものがあります。そしてクォーツ式のものが一般的に使用されています。

知的なイメージの時計を鋭敏な感覚で選ぶ
TOPICS
知的なイメージの時計を鋭敏な感覚で選ぶ

腕時計の構造について

腕時計は腕に巻きつけて使用する携帯用の時計ですがさまざまなタイプのものがあります。まずひとつはアナログ腕時計です。アナログ時計は短針、長針、そして秒針の三つの針を用いて時刻を表示する時計です。そしてその時計を動かす動力として機械式の物とクォーツ式の物があります。機械式のものはゼンマイを用いて針を動かしています。そのためその構造は非常に複雑なものとなっています。そのため価格も高価なものとなっています。しかしながら電池が不要であることから半永久的に使用することができます。そのため高級時計に使用されています。

一方でクォーツ式の腕時計は電圧をかけることによって一定の周期で振動する水晶を用いて正確に時を刻みます。そのため機械式の時計よりも誤差が少ないというメリットがあります。また、機械式のものよりも構造が単純であることから実用的な時計のほとんどはクォーツ式となっています。なお、動力には電池を使用していることから電池が消耗すると交換する必要があります。そしてクォーツ式の時計でも針を用いずにデジタル式の数字で時刻を表示するものもあります。このような時計には時刻表示以外にもさまざまな機能があり、多機能な時計であると言えます。

関連リンク